みずがめ座δ流星群2019(大阪)のピーク時間や方角は?観測場所も!

こんにちは。チョムです。

6月も今日で終わりですね(^_^;)

ここ数日ずーっと天気も悪いし、湿気もすごいし、早く梅雨が明けないかな~と思っているところです。

ところで、7月30日みずがめ座δ(デルタ)流星群が観測できるんです!!

大阪では何時頃みられるのでしょうか?

早速調べてみたいと思います!!

スポンサードリンク

みずがめ座δ流星群のピーク時間や方角は?

みずがめ座δ(デルタ)流星群ですが、

みずがめ座流星群は,とても複雑な群構造をしており,4つの群で成り立っています。みずがめδ北群(NDA),みずがめδ南群(SDA),みずがめι北群(NIA),みずがめι南群(SIA).それぞれが極大を迎えますが,主力はδ南群(SDA)とされています。

ということで、そもそもみずがめ座流星群って4つもあるんですね!!

今回の7月のみずがめ座δ流星群はその代表格とされていますので、流星の規模は期待が出来そうです(*^^*)

ピークの時間

みずがめ座δ流星群の活動ですが、7月15日~8月20日頃に活発になる流星群です。

2019年の極大(ピーク)は、7月28日の日没から29日深夜までが一番の見頃のようです。

ちなみに大阪の日没時間は19:04です。

比較的お子さんを連れて観測するには、ちょうどいい時間ですよね~(*^^*)

方角は?

流星の出現する位置については、基本的に「どこでも構わない」そうです。

え=!!そんな適当な・・・

アリ蔵

そうですよね。(^_^;)

そうは言っても、できるだけ多くの流星を観測したいですよね~

ということで、観測する方角ですが、放射点である南西の方角がベストだと思います。


引用:https://www.study-style.com/seiza/Aqr.html

スポンサードリンク

大阪のおすすめの観測場所は?

大阪で観測する場合のおすすめ観測場所をいくつかご紹介したいと思います。

大阪府民の森 ちはや園地

住所 大阪府南河内郡千早赤阪村千早1313-2

大阪と京都の県境にあるんですね(^_^;)

相当な山奥です。

それでも大阪でここまでの星空が見れる施設があるなんて、意外でした!

 

長居公園

さすがに郊外まで、わざわざ流星群を見に行くのはちょっと(^_^;)という方のため、大阪市内で天体観測ができるところを調べてみたところ、こちらの長居公園がありました♪

場所 大阪府大阪市東住吉区長居公園1−1


大阪市内の公園なので、広さも結構あり、空を見上げるのに邪魔なものがないのかもしれませんね!

あとは観測に必要なお天気と、月明かり次第で流星もバッチリ見れるかも!!

観測する際のおすすめグッズ

季節も季節なだけに、結構キャンプも兼ねて星空観測を楽しもうと計画されている方もいると思います。

こういうアウトドア用のイスがあると良くないですか?

ずーっと空を見上げていると首もいたくなりますので、ちょっと傾斜があると楽ちんですよね(*^^*)

 

あとは夏とはいっても夜は気温が下がります。

特に山の方だとさらに日中との気温差もありますので、以外と寒いのでは!!

こういうコンパクトなブランケットが1つあると、いろいろ重宝しそうですね♪

 

一部の人にしか必要ではないかもしれませんが、虫よけグッズ。

これは私にとっては必需品です(^_^;)

暗い中、気がついたら腕が虫に刺されまくるなんて、考えただけでもゾッとします。。。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから夏に向けて、海も山も空も楽しめる季節になりますよね!

みなさんくれぐれも体調を崩さないように、準備を整えて夏の夜空を楽しんでいただければと思います(*^^*)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です