名古屋港花火2018の混雑状況や交通規制は?穴場の駐車場も調査!

台風24号がついにここ名古屋にもやってきたようです。

風も徐々に強くなり、少し前は急に雨がザーッと降ったり、
大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

ちなみに先日の台風のときは
会社周辺が停電してしまい、仕事ができず
家に帰っても停電してまして
改めて電気の有り難さ、懐中電灯の大活躍、
いろいろと災害時の備えについて考えさせられました。

そんな台風情報はさておき、
最近名古屋港の周辺では新しい商業施設ができたり、
なんだかんだと賑わっているようです。
今回はその名古屋港で行われる季節はずれの花火大会について早速調べてみました♪

 

名港水上芸術花火の混雑状況や交通規制について

なんで秋に花火?と思うのは私だけでしょうか。

私の勝手なイメージですが、
花火はやっぱり「夏」。
あとはカウントダウンで「年末」。
それ以外はどこぞの金持ちがポケットマネーでやってるのかな?ぐらいです。(笑)

それだけ、秋に花火のイメージがなかったので
「斬新!!」でした。

今年でまだ4回という最近始まったばかりの『名港水上芸術花火』

開催期間:2018年10月13日(土)
時 間 :17:30~OPEN、19:00~START
場 所 :名古屋港ガーデンふ頭(名古屋市港区港町)
アクセス:地下鉄「名古屋港」駅(3番出口)より徒歩5分

 

混雑状況は?

以前、夏の「みなと祭り」の花火に地下鉄で行ったことがあるんですが
花火が終わって駅まで歩くのも相当時間がかかりました。

やっと乗った地下鉄も、車内はすし詰め状態、もみくちゃだし、
その満員状態に紛れてカップルが目の前で「チュー」し始めたのはビックリでした(^_^;)

 

 

ちなみにこの花火は、日本一の花火コレオグラファー大矢亮さんの演出。
音楽やリズムにあわせて1/30秒単位で花火で演出するんだそうです。

これまでもコシノジュンコさんや假屋崎省吾さんとコラボしたり
来月10月27日(土)に開催される
サザンの「茅ヶ崎サザン芸術花火2018」でも演出されるようですね。

[voice icon=”https://arincoroom.com/wp-content/uploads/2018/09/0f956b72b16cdaa626944590dc0db5fa-e1537772751204.png” name=”パン吉” type=”l”]なんかすごい人みたいだね![/voice]

 

 

そして、コンピューター制御で音楽に合わせて打ち上げるということで、
これが去年のセットリスト

なんだか花火大会なんていうより、
巨大なライブショーといったほうが良いかもしれません。

 

交通規制について

地下鉄でも相当な混雑ですが、
一方お車で出かける場合も交通規制がありますのでご注意ください。

引用:https://docs.wixstatic.com/ugd/31269a_d0f552109f3b4c0c9e32d9c760013b02.pdf

 

穴場の駐車場は?

穴場の駐車場ですが、みんな考えることは同じなので
「空いてたらラッキー!!」ぐらいの感覚で周辺を探すしかないと思います。

調べてみた所、駐車台数1桁のところであれば
ちょこちょこあるんですが
そこをピンポイントで目指すのは危険です。

多少花火会場から歩くことを前提にするならば
徒歩10分程度の場所で空いている可能性がある駐車場があります。

 

MAYパーク築地口
住所:愛知県名古屋市港区千鳥1丁目204
台数:62台
料金:1日最大 ¥700、夜間最大 ¥300(18:00-8:00)
40分毎¥100(8:00-18:00)
120分毎¥100(18:00-8:00)
距離:ガーデンふ頭より1.3km

 

 

名鉄協商築地口
住所:愛知県名古屋市港区港陽3-21
台数:30台

料金:1日最大 ¥600
60分 ¥200全日 (8:00-22:00)
180分 ¥100全日(22:00-08:00)
距離:ガーデンふ頭より1.4km

 

 

名鉄協商築地口第7
住所:愛知県名古屋市港区港栄4-6
台数:17台
料金:1日最大 ¥600
   30分 ¥100全日(00:00-24:00)
   全日 20:00-08:00 ¥300
距離:ガーデンふ頭より1.5km

 

 

見える場所は?

チケット制ということもあり、
気になるのはどこのお席が一番きれいに見れるかな?ですよね。

引用:https://www.nagoya-hanabi.com/ticket

 

初年度でもチケットは完売していたようですので、
これから購入される方は
チケットが手に入るだけでもラッキーかもしれません(;^ω^)

チケットが取れなかった場合ですが、
立入禁止エリア外からも多少は見えることが予想されますが、
あえて対岸の「ブルーボネット」まで足を延ばすのも手です。

引用:http://www.wfg-bluebonnet.com/access/index.php?cmsdsessionid=df8e6154499656b238df5cedcdd61edb

 

水上花火ですので、普通の打ち上げ花火とは見え方は違いますが
混雑を避けてゆっくり見たい方はぜひチャレンジしてみてください。

 

周辺のグルメ情報

当日は「つどいの広場」に屋台がでるようですが、
毎年かなりの行列のようですね~

 

 

近くには「JETTY」もありますので
そこで腹ごしらえするか、近くでテキトーに調達するほうが賢明です。

JETTY 飲食店一覧

スガキヤ 蔵一
カレー屋キング! あんかけFACTORY
めん処 味里 佐藤製麺所
ライスハウスはな レッドロブスター
蛸の館にしや キャッツカフェ
アジアン食堂 おやつ研究所

 

まとめ

そもそも、このシーズンに花火が見れるなんて思ってもみませんでした。

毎年、花火は見たくても仕事の都合で全く見れてないです。
たまにマンションから数キロ先でやっている花火がちらっと見えては
「あ~夏だね~」なんて思っていたくらいで
わざわざ人混みの中を行くのもあまり好きではないです。

が、チケット買えば席取りしなくて良くて
しかも打ち上げ花火とは違う芸術性の高い壮大な「花火ショー」なんて
今まで一度も見たことがないので興味はあります。

大人のデートで使うには良いかもしれませんね!!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です