新海誠展(名古屋)のグッズやチケットは?混雑予想も調査!

こんばんは。管理人のチョムです。

最近寒くなって、
夜は電気毛布を使っているんですが

そのせいなのか
ここのところ毎朝寝坊です。(+_+)

私のいつもの朝の行動パターンは、
身支度→ごはん→ドラマを1本見る

という、ちょっと?な時間の使い方でして
ドラマを1本見ている間に

今日は睡魔に襲われて
危うく寝落ちしそうでした。

早く次の休みが来ないかな~
なんて、毎日思っています。(^^;)

ところで最近、「君の名は。」で有名な
新海誠監督の新作が

テレビでちょこちょこ紹介されているのを
見かけます。

私はあまり詳しくないのですが
「新海誠展」というのがあるみたいで

なんだろな?と思ったので
早速調べてみました。

スポンサードリンク

 

新海誠展チケットは?

 

2017年6月から開催している
超ロングの展覧会です。

静岡を皮切りに、長野、東京、北海道・・・と、
現在は沖縄で開催中です。

そして、12番目の開催場所として、
ようやく名古屋にやってきます。

 

新海誠展
開催日 :2019年2月16日(土)~3月3日(日)
開催会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ

 

チケットについて調べてみましたが、
名古屋会場については不明です。

おそらく有料になると思いますが、
今のところ、ジェイアール名古屋タカシマヤのHPでも

イベント情報が出ていないようなので
もしご存知の方がいれば教えてください!!m(_ _)m

 

そして、新海誠展の内容についてですが、
デビューから15年の軌跡を追った展覧会のようです。

アニメーション監督・新海誠のデビュー15周年を記念し、『新海誠展 ―「ほしのこえ」から「君の名は。」まで―』を開催します。

新海誠の作品は“ 美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を描くことで人間の本質に迫ります。人と人が出会い、そしてすれちがい、揺れ動く心模様を、完成度の高い物語に結晶させ、登場人物やその世界を鮮やかに描き出す作品群は、世代や国境を超えて多くの人々を引きつけています。

本展は貴重な制作資料である絵コンテや作画、設定資料や映像などの展示を通じて、そうした新海誠の15年の軌跡を振り返ります。そのほとんどの作業を1人で手掛けたデビュー作「ほしのこえ」から、集団制作に挑み初長編作品にして毎日映画コンクール・アニメーション映画賞を受賞した「雲のむこう、約束の場所」、単館上映ながら異例のロングランとなり、今なお熱狂的に語り継がれる「秒速5センチメートル」、本格ジュブナイルファンタジーに挑んだ「星を追う子ども」、デジタル時代の映像文学と言うべき「言の葉の庭」、そして記録的な大ヒットとなった最新作「君の名は。」までを完全網羅し、新海誠のアニメーション作品の魅力に迫ります。

 

 

新海誠展のグッズについて

 

新海誠監督の展覧会ということで、
作品にちなんだグッズの販売があるようです。

 

スカーフ
「君の名は。」5,400円(税込み)

身につけるもので
キャラが入っていると使いにくいですが

このスカーフは使用時にはキャラが見えないですし、
この色合は個人的に好きな組み合わせです。(*^^*)

 

スノードーム
「秒速5センチメートル」2,000円(税込み)

ファンの方は涙モノ?と思われるほど
人気のアイテムのようです。

 

bandeマスキングロールステッカー
650円(税込み)

4種類あるみたいなんですが、
このマステは素敵です★

1枚1枚シールとしても使えるなんて
なかなかやるな!!と思ってしまいました。^^;

 

クリアファイル
各種350円(税込み)

これは種類がありすぎて、
どれを買うのか迷ってしまいますね。

 

他にもいろいろなグッズ販売がありますので、
公式HPで目星をつけておいたほうが良さそうです。

公式HPはコチラ→新海誠展

 

グッズについてはなくなり次第
販売終了するものもあるようですよ。

 

混雑予想について

 

混雑予想についてですが、
初日、最終日近辺、

あとは土日なんかも
避けたほうが良さそうですね(^_^;)

ベストは初日にグッズ購入。
別日(平日)に展示内容を楽しむ。

とりあえず2回は
足を運んだほうが良いかもしれません。

 

 

ただ、場所がタカシマヤの催事場なので
広さも他の会場よりかは小さいと思われますし、

案外そこまで大混雑はしないのかもしれません。
バレンタイン時の混雑を覚悟しておけば
たいしたことないかもしれませんね。

 

まとめ

 

新海監督の作品は
「君の名は。」しか見たことないんです。

過去の作品なんかも
これがきっかけで見てみたいと思いましたし、

せっかく展覧会に行くのであれば
どっぷりその世界に浸って楽しむのも有りかと。。。

来年の夏にも新作公開しますし、
また記録的な大ヒットとなるかもしれません。

今から本当に楽しみですね!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です