五輪チケット追加抽選の申し込み期間はいつからいつまで?当選倍率も!

こんにちは^^

2020年五輪チケットの追加抽選の申込みがもうすぐ始まるそうです!

 

今回は敗者復活戦ということで、

一次抽選に参加された方でないと申し込めないみたいなんですが

いろいろと注意点などもあるようなので

申込期間なども含めて情報をまとめてみたいと思います!!

スポンサードリンク

 

五輪チケット追加抽選の申込期間は?

申込期間は?

まずは追加抽選の申込期間についてです

追加抽選販売スケジュール

抽選申込受付期間:2019年8月8日(木)未明から8月19日(月)11:59

抽選結果発表  :2019年9月11日(水)

購入手続期間  :2019年9月11日(水)から9月24日(火)23:59

 

今回応募できるのできるのは、

1次抽選販売で1枚も当選されなかった方のみです!!

当選したけど、チケットの購入はしなかった方は対象外ですので

ご注意くださいね~

 

また今回の抽選システムは

一次抽選会のシステムをそのまま使用するそうで、

今回の追加抽選販売において

2セッション以上の申込をされた方はダメらしいです。

要は、第一希望を2つ以上申し込むのはNGということらしいんです。

 

このあたりは、システムの修正が追いつかず

受付NGなんですが、

実際はシステム上、申し込みができちゃうらしいんです。

ですので、自分で気をつけて申込みをしないといけないみたいです。

対象の競技は?

今回、チケット追加抽選の対象となる競技については

以下の競技になります。

<対象の競技・種別>

・水泳(飛込)
・水泳(水球)
・陸上競技(マラソン)
・野球
・ソフトボール
・バスケットボール
・カヌー(スプリント)
・自転車競技(マウンテンバイク)
・自転車競技(ロード)
・馬術(馬場馬術)
・フェンシング
・サッカー
・ゴルフ
・体操(体操競技)
・ハンドボール
・ホッケー
・近代五種
・ボート
・ラグビー
・テコンドー
・ビーチバレーボール
・バレーボール
・ウエイトリフティング
・レスリング

メダルの掛かった試合も魅力的ですが、

バスケットとかも結構人気が集中しそうですね(^_^;)

みたい競技に応募するのか、

穴場を狙って応募するのか、みなさんの動向はどうなんでしょうかね?

スポンサードリンク

当選倍率はどのくらい?

今回対象となる方は、約416万人とのこと。

それに対して、販売枚数は68万枚・170セッション分になるそうです。

 

170セッションの大半は予選らしいんですが、

ビーチバレー男子決勝や野球・ソフトボールなど

メダルのかかった27セッションも含まれているそうです。

 

私だったら・・・

どうせ当たらないと思うので

一番みたい「メダルのかかったセッション」に

申し込んじゃいますね(^_^;)

 

当選倍率についてですが、

1次抽選では申込者が約512万人

そして当選者が96万人ということで、

10人に1人といったところでしょうか。

 

一次抽選の時は、

興味本位や

当たらないと思って複数応募する人などいたので、

応募総数がとにかく多かったのですが、

今回は、対象者が限られていますので

当選倍率はもしかしたら前回より上がるかもしれませんね(*^^*)

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は一次抽選に漏れた方しか応募出来ませんが、

二次抽選会もこの後控えていますので

応募できない方はそちらを狙ってみても良いかもしれません!

それではここまでお読みいただき、ありがとうございました☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です